マイクシステムのカスケード(音声拡張)について

マイクカスケードのパターン

Lifesize Phone/Lifesize MicPodLifesize製のテレビ会議システムには専用のマイクが2種類用意されています。

1台での利用はもちろん、用途によってバウンダリー型マイクLifesize MicPodは最大で2台まで、タッチパネル型マイクスピーカーLifesize Phoneは1台までの、あわせて最大3台まで拡張が可能です。

テーブルのサイズや形状、人数に応じて以下の組み合わせが可能です。
対応製品:Iconシリーズ、220シリーズ

Lifesize MicPod:2台
横長テーブル向け
Lifesize MicPod:2台
Lifesize Phone:1台 Lifesize MicPod:1台
横長テーブル向け
Lifesize Phone:1台 Lifesize MicPod:1台
Lifesize Phone:1台 Lifesize MicPod:2台
横長テーブル向け(大人数向け)
Lifesize Phone:1台 Lifesize MicPod:2台
Lifesize Phone:1台 Lifesize MicPod:2台
丸卓/奥行きのあるテーブル向け
Lifesize Phone:1台 Lifesize MicPod:2台

製品に同梱される標準ケーブルの長さは3mです。それ以上のケーブル長が必要な場合は4m、9m、15m(最大)のケーブルをオプションにてご用意しております。
コーデックからPhoneまでは15m、PhoneからMicpodまでは4mなど、長さの違うケーブルを同時に利用することも可能です。

コーデックから1台目のマイクシステムまでの距離が15m以上離れる場合は、専用のアダプタを利用してケーブル長を伸ばすことも可能です。詳細はご相談ください。

接続できないパターン

Lifesize Phoneを使用しての拡張時は、必ずコーデックからLifesize Phoneを接続します。コーデックからLifesize MicPodを接続し、その後にLifesize Phoneを接続することはできません。

カスケードの1台目がLifesize Phoneではない
カスケードの1台目をLifesize Phoneに、2台目をLifesize MicPodに配置してください。
カスケードの1台目がLifesize Phoneではない
カスケードの1台目がLifesize Phoneではない
カスケードの1台目をLifesize Phoneに、3台目をLifesize MicPodに配置してください。
カスケードの1台目がLifesize Phoneではない
Lifesize Phoneは2台接続できない
Lifesize Phoneはコーデック1台に対し、最大1台しか接続できません。拡張の際はLifesize MicPodをご利用ください。
カスケードの1台目がLifesize Phoneではない

関連サイト&コンテンツ

お問い合わせ